木の剪定をしてガーデニングを楽しむ~綺麗なお庭づくりナビ~

女の人

綺麗に整える

お花

海外には老舗の剪定ばさみメーカーもあります

剪定とは何でしょうか。まず呼び方は「せんてい」といいます。剪定とは樹木の枝を切り、形を整えたり風通しをよくすることをいいます。見た目を整えるだけでなく養分を効率よくいきわたらせることで樹木の成長を促したり、害虫の繁殖を抑える目的もあるのです。 剪定の時期は樹木の種類によって異なってきます。ですが夏に行うものと冬に行うものに大きく分けることが出来ます。 作業は剪定ばさみを使って行うのが一般的です。この剪定ばさみも歴史があるようです。明治時代以降に輸入されたモデルを国産化して今の形にしたという歴史があるようです。 また、ドイツの剪定ばさみのメーカーの中には1925年創業の会社もあるようです。このようにしてみるとはさみひとつとっても歴史を感じることが出来ます。

園芸やガーデニングに関心があれば作業する人も増えるかもしれません

剪定作業は樹木の形を整えるだけでなく、風通しを良くしたり、養分を効率よくいきわたらせて成長を促進したり、害虫の繁殖を抑えるといった目的で行われることが多いです。剪定作業を自宅の庭木で行う人も少なくはないでしょうか。園芸やガーデニングを趣味としている人には必要な作業といっていいかもしれません。 園芸やガーデニングに興味を持っている人は少なくないかもしれません。園芸やガーデニングに関する書籍も本屋でよく目にすることがあります。またテレビでも園芸に関する番組をやっていることがあります。 ホームセンターでも昔から園芸コーナーはありましたが、最近はそのスペースが広くなったような気がします。 園芸やガーデニングの関心が増えると剪定を行う人も増えるかもしれません。